Tuesday, October 16, 2012

BLACK DIAMOND ハイライト

テントはBLACK DIAMONDのハイライトを使っている。

穂高岳山荘のテント場

テント場でよく「どうですか?」って聞かれるんだけど、「うーん普通です」とか答えてる。というのは、同じ条件でほかのテントと比べたことが無いので、なんともね。

ちなみにテントは相当考えて決めました。
候補として挙がったのは、
こんなところでした。
使う場所とか条件とかは、
  • 登山で使う
  • 一人で使う
  • ほとんど標高2,000mより上での幕営だと思う
  • 稜線のテント場でも使う
  • 厳冬期でも使う
なので、
  • 冬の利用を考えると、普通のダブルウォールは風がシャットアウトできないので寒いかなということで、NEMO、MSR、ドマドームが外れる(ステラリッジはスノーフライがある)。
  • AKTOはお高いし自立しないのがちょっと気になる。
  • X-TREKマイティドームはちょっとお高いかな。
となって、Black Diamondの2種類かステラリッジかでちょっと悩んだんだけど、ルックスと重量でBlack Diamondを選択。冬はただでさえ装備が重いので、ステラリッジはスノーフライでの重量増がちょっと気になった。あとはFirstLightかHiLightかという選択。これは軽さでHiLightを選んだ。
この軽さってのは、オプションのベスティブール(前室)含めての重量で決めた。
シングルウォールを選ぶってのはちょっと割り切りが必要だった。実際割り切れなかったのでベスティブールを同時に買っている。前室はやっぱり要るのではないかと判断したのだ。
で、実際使ってみてどうか。

悪いところ:
  • やっぱり結露する。
  • ベスティブールを付けるのが面倒(たぶんFirstLightはそうでもない)。
  • 防水透湿素材なので汚れが性能を悪くする(GOREのウェアと同じね)。
  • ベスティブールを入れると軽くない。
いいところ:
  • 設営、撤収が楽。
  • 耐風性。
  • 普通の一人用よりちょっと広い。
  • ドアが広いので、開放感がある。
  • 年中使える。
  • ルックスが好き(これは主観)。
という感じ。

結露はポタポタ落ちてくるという事は無く、まあアリなレベルじゃないかと。条件によっては一晩寝ても結露しないこともある。気になったら拭けばよし。
ベスティブールは、正直面倒。これに関してはファーストライトの方がいいと思う。個人的にはもう要らないと思ってるし、実際使ってない。雨の日はあるとうれしいけど、それも煮炊きの時だけの話だし。濡れたものの管理をちゃんとして、シュラフカバーを使って、スタッフバッグは全部防水のモノ(グラナイトギアのやつを使っている)にすれば問題ない。シュラフは晴れてたら早めに広げて、雨なら寝る直前まで出さない。
厳冬期は水分がすべて凍る(-20℃とか)ので、ダブルウォールでもテントの中は霜びっしりじゃないかな。そうでもないのかな。いずれにしても下山するまで融けない。NEMOのObiみたいに風スースーのだと死ねる気がする。

ハイライトで良かったなと思うのは、槍ヶ岳山荘とか穂高岳山荘に隣接してるような、稜線のテント場での幕営。狭くてペグが刺さらなくて強風吹きさらしなので、自立式シングルウォールは最強だと思う。



槍ヶ岳山荘のテント場
槍ヶ岳山荘のテント場

そんな感じで気に入って使ってます。人にお勧めするかというと、どうなんでしょ。今なら軽くなったモンベルのステラリッジが無難な選択かなぁ。前室を積極的に使いたい人ならMSRもいいかも。NEMOのObiは強風が吹くとバタバタしそうだったな。

実際には、厳冬期でも普通のダブルウォールテントの人も居るし、ツェルトの人だっている。工夫次第、割り切り次第でどうにかなるという事でしょう。

Monday, October 15, 2012

Oct 6~8 八ヶ岳 #3


#2の続き。

三連休最終日の8日は、根石岳→天狗岳→黒百合平→渋の湯というコース。白駒池まで行って麦草峠からバスというのも考えたんだけど、温泉でフィニッシュしたかったのでやっぱり渋の湯に降りることにする。
渋の湯からバスなんだけど、このバスが1日3本。乗れるバスとなると11:30か14:50。11:30のバスに乗れなくはないんだけど、きっと帰りのワイドビューしなのの空席はないだろう。というのは、金曜日の時点で、塩尻を17:03に出るのが取れなくて、仕方なく18:02の切符を持っているくらい。暇を持て余すなら山に居た方がいいという事で、遅めの出発。
時間はたっぷりあるので、ゆっくり歩いて根石岳へ。天気がいいので暑い。さらに今回日焼け止めを忘れてきてしまった。
根石岳山頂でちょっと景色を眺めたりして東天狗岳へ向かう。途中、白砂新道への道標を見てふと立ち止まる。本沢温泉方面もいいかなと。本沢温泉→しらびそ小屋→稲子湯というルートで行っちゃおうかなと。ちょっと考えたんだけど、バスの時間とか小海線の時間とか調べたりするのが面倒だったし、もうちょっと登りたかったのでやっぱり予定通り東天狗岳へ。
ちょっと休憩して、お隣の西天狗岳を登る。時間に余裕がありまくるのでコーヒーを入れたりしてゆっくりした。天気も良くて気持ちいい。

Oct 8 Yatsugatake

Oct 8 Yatsugatake

また東天狗を少し登りかえして、黒百合平に向かう。黒百合平に向かうには、中山峠コースと天狗の奥庭コースとあるんだけど、今回は天狗の奥庭コースにしてみた。一度だけここを登ったことがあるんだけど、冬だったので雪で埋め尽くされていて、ルートはテキトーな感じだった。いや、雪が無いとこんなに岩ゴロゴロだったのね。下りでこういうのは膝に来る。しっかりストレッチしておいてよかった。岩ゴロゴロの道を楽しんで黒百合ヒュッテへ。
黒百合ヒュッテで蕎麦を食べて、また長めの休憩。


後は渋の湯まで降りるだけなんだけど、このルート、夏道を下るのは初めて。ここがまた岩ゴロゴロでしかも樹林帯の中なので苔が付いていて滑る。下りはちょっと怖い。唐沢鉱泉との分岐まで来ると歩きやすくなってくるけど、それまではそーっと歩く感じ。こういうのは苦手じゃない。下半身でバランスとりたい人なので、こういう所はポールをしまっちゃいます。

Oct 8 Yatsugatake

Oct 8 Yatsugatake

そんな八ヶ岳らしい癒し系の道を渋の湯まで無事に下山。ゆっくり温泉に浸かってさっぱり。

去年の夏に1泊で歩いたコースを2泊かけて逆向きで歩いてみた。さすがにちょっと暇を持て余したけど、のんびりできて良かったかな。
八ヶ岳はこれでもう8回。迷ったら八ヶ岳という感じになってる。いつも同じような所ばかりなので、そろそろ違うルートも行きたいかな。東側、権現岳方面、黒百合平より北はまだ行ってない。
次に行くときはもう雪でマッシロな時期かもしれない。

Sunday, October 14, 2012

Oct 6~8 八ヶ岳 #2

#1の続き。

朝暗いうちから出たかったんだけど、雨により遅延。結局7時頃業者小屋出発。
この日は阿弥陀岳→赤岳→横岳→硫黄岳→オーレン小屋という予定だったけど、濡れてるしマッシロだし遅いしって事で、阿弥陀岳をやめて文三郎道で赤岳に向かう。わかっていてもやっぱりしんどいね。赤岳山頂はガスでマッシロ。こんな天気でも人は多め。

地蔵の頭を過ぎて横岳のアップダウンを歩いていると、ガスがちょっと切れていい感じの景色が現れた。


Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

断続的にガスは流れてくるけど、おおむね天気も良くなって、気持ちよく横岳を歩いて行った。


Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

横岳を抜けて硫黄岳へ。広々とした山頂は人がいっぱい。 ここで昼食とコーヒー。時間には余裕があるのでゆっくりと。 黒百合まで行ってしまおうかと思ったけど、最終日に歩くところを残しておきたいし、今回はのんびりプランなのでもうオーレン小屋に降りることにする。

赤岩の頭からオーレン小屋への道は、ちょうどテント場に繋がる。テント場に到着してすぐ目に入ったのは、名古屋のAヶ丘高校ワンゲル部のテント。実は6日の行者小屋にも居ましたね。 さすがトップを争う高校。暇な時間に英単語の勉強とかしてたり。なんか単語クイズみたいなのしてたけど、だいたい解った。僕に解るレベルじゃちょっとアレなのでもっとがんばりましょう。 ちなみに僕はこの少年たちが滑り止めで受けたであろう高校に行って、冬休みは八ヶ岳の近くの松原湖でアイスホッケー部の合宿10日間。初日の出は氷の上でスケーティングしながら見ました。そして宿題は100%放棄した(そしてその後高校自体を放棄した)。

 オッサンはひたすら暇を持て余してボケーっと過ごした。





Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

暇だったし、ビールとワインを飲んで、ご飯を作って食べて。お風呂に入って(オーレン小屋はお風呂があります)横になったらすぐ寝てしまった。
しばらくたって、外からオリオンだのベガだのと話す声が聞こえてきて、テントから顔を出して見上げたら見事な星空。
しばらく堪能して、ちょっと寒いなぁって思いながら就寝。


Thursday, October 11, 2012

Oct 6~8 八ヶ岳 #1

10月の3連休は八ヶ岳へ行ってきた。
涸沢の紅葉がナイスな状態なのはわかっていたけど、この体育の日の連休が最も混む。昨年はテント1000張、トイレ待ち1時間だったそうだ。
どこへ行こうかいろいろ考えたけど、もうすぐ冬だしということで、予習もかねて八ヶ岳。これでもう8回目。せっかく3連休だから、のんびりプランで行くことにした。
10/6の朝の電車に乗って出発。初日は美濃戸口から行者小屋のテント場まで。美濃戸から柳川南沢コースを登ってゆく。この道を通るのは4回目だけど、登りは初めて。いつもの事なんだけど、八ヶ岳の樹林帯は苔がイイ感じ。そして秋らしい山。

OCT 6 2012 Yatsugatake

OCT 6 2012 Yatsugatake

OCT 6 Yatsugatake

OCT 6 Yatsugatake

のんびり歩いて行者小屋到着。さすがにテント場もそれなりに混んでいて、賑やかな感じ。テントを張って一息ついて、昼間から生ビールとおでん。ガスって山はよく見えなかったりするけど霞む景色は結構好き。
夕方までひたすらボケ~っとして、時折写真を撮ったりして過ごした。


OCT 6 Yatsugatake

OCT 6 Yatsugatake

OCT 6 Yatsugatake

このあと夜半には雨になった。おかげて冷え込みはない。とっても当てになる山の天気予報によると朝には止むそうだ。
時折強く降る雨音を聴きながらゆっくり寝た。