Tuesday, March 6, 2012

厳冬期テント泊デビュー


ちょっと前の話になるんだけど、2月の18,19日でまた八ヶ岳に行ってきた。
これで6回目。厳冬期は4回目。いつものように単独行。
今回のテーマは厳冬期テント泊&縦走
渋の湯から入って、黒百合ヒュッテ(テント泊)→東天狗岳→根石岳→夏沢峠→硫黄岳と歩いて、美濃戸口へ降りるという計画にしてみた。
とにかく寒いんだろうけど、そういうアホなことするのもまた楽しいかと。

いつものように始発の『ワイドビューしなの』に乗って塩尻まで、塩尻から茅野までは普通の電車。これで9:40過ぎくらいに茅野に着いちゃうんだけど、渋の湯へ行くバスは10時25分発。
いつもこの時間がちょっと退屈。そして渋の湯までは1時間近くかかるので、歩き出すのは11:30を過ぎてしまう。
まあ黒百合までなので急いでもしょうがない。
ボチボチ歩いて2時間くらいで黒百合ヒュッテ到着。

初めての雪上テント設営は、整地になかなか手間取る。頑張って雪を踏みつける。
ずっと曇りで粉雪が降ってたんだけど、だんだん晴れてきた。
設営できたら、今回はエスプレッソを飲んでみた。小屋の玄関にある温度計は-10℃くらいだった。







テントの中は熱源が無い(キャンドルランタンとかぶら下げてみたけどなんも変わらん)ので、とっても寒い。
ただし、テント内で火を使うとすぐに温まる。なのでご飯を作って食べてる間はちょっと温まる。
温かいワインとレトルトのボルシチとパンでちょっとホクホクして、トマトソース作ってペンネを茹でてってやってたら、当然だけどテントの内側は霜がびっしりになっちゃう。冬にテント内調理をする以上これはどうにもならんね。
冬山のカロリー消費は半端ないので、けっこう無理やり詰め込む感じで満腹。




この日の夜はやたら冷えた。-20℃以下まで下がった。そして星はこれまためちゃくちゃいっぱいできれいだった。
予想はしてたけど熟睡は出来なかった。

朝はいつものようにカレー。フリーズドライのカレーを作って、さらに雪を溶かしてサーモボトルを満タンに。
やたらといい天気で気持ち良くて、もう帰ってもいいかなとかちょっと思った。
ちょっとのんびりしてゆっくり目に出発。

ナイスな天気で東天狗岳は結構人が居た。天狗岳に来るのはこれで4回目だけど、初めて晴れた。



景色を味わって、根石岳方面を見た。トレースは無いがルートはわからなくもない。
根石岳山頂から先は夏沢鉱泉から来る人のトレースがあるだろう。
東天狗山頂直下のちょっと緊張感のあるリッジを抜けると、もうヤバいところは無い。
根石山頂までの区間を頑張ってラッセル。そんなに深くもないけどやっぱりこういうのは慣れないと疲れる。
でもトレースがないところを歩くのは気持ちが良かった。




根石岳山頂から南側はトレースあり。箕冠山まで歩いて休憩。パワーバーとか食べてエネルギーを補給。
しっかり寝れなかった上に、今までで一番重い荷物だからか、ちょっとペースが上がらない感じ。
夏沢峠でまた休憩して、硫黄岳へのダラダラした登りをゆっくり登って山頂へ。
噂の暴力的な風ではなかったけど、やはりここが一番風が強かった。






雪化粧した爆裂火口とか赤岳方面とかいろいろしばし眺めて、赤岩の頭方面へ向かう。
この道は初めて通るんだけど、めちゃめちゃきれいな雪景色。あれを見にまた行きたい。
そして、コレ吹雪いたらどっち行ったらいいかわからんね。
赤岩の頭から赤岳鉱泉までの樹林帯の道はワインディングで、ずいぶん長く感じた。
赤岳鉱泉でゆっくり休憩+食事。この日はずっとなんかしんどかったけどこれで生き返った。

あとはしっかり整備された北沢コースを美濃戸口までサクっと歩いて終了。


冬のうちにまた硫黄岳に行きたいな。なんとも気持ちいい景色だった。
今度は赤岳鉱泉側から登ってみよう。