Thursday, January 12, 2012

new yearは雪の八ヶ岳


1/7~1/8でまた八ヶ岳に行ってきた。八ヶ岳はこれで5回目になる。
冬に行くならマッシロにたっぷり積雪のある状況がイイ。しかしこの冬の八ヶ岳はホントに雪が少なくイマイチどうかなぁと思っていたところ、1/4に50cm程の積雪があったということで、ヤル気が漲った。
天気もめちゃよさそうってことで、行き先は赤岳方面に決定。雪の状態がヤバくなければ阿弥陀岳にもチャレンジしたいところ。というわけで赤岳鉱泉に泊まることにする。久しぶりの雪山はこれまた久しぶりの小屋泊。
カメラはpentacon sixに、ちょっと前に入手したFlektogon 50mm/f4。小屋泊じゃなかったら躊躇する重さだ。

1/6の夜の時点でワイドビューしなの始発の指定席は満席だったので、自由席に早めに並んで座った。
電車ではさっさと眠って、木曽福島あたりで目を覚ました。やはり雪は少ない。
美濃戸口から赤岳鉱泉への道(柳川北沢コース)は半分以上ハイキングのような道。
美濃戸までの1時間程度は一般車両も通れる道(とはいえ冬は4WDじゃないと厳しい)で、美濃戸から堰堤広場までも荷揚げの車(冬はキャタピラ車)は通る道なので歩きやすい。堰堤広場からやっと登山道という感じ。アイスバーンになってなければアイゼンなしで問題なく歩ける。
このコースを歩くのは約1年ぶり、去年の2月に赤岳に登った時に通った。、
去年もそうだったけど、天気が良くて歩き出すと暑い。景色は相変わらず素晴らしい。
美濃戸口、美濃戸の駐車場にはけっこう多くの車があった。「小屋は混みそうだな」とか思いながらボチボチ歩いてゆく。
堰堤広場でカレーうどんを作って食べた。
堰堤広場から赤岳鉱泉までの道は八ヶ岳らしい癒し系の道。時折写真を撮ったり、きれいな山を見上げたりしながらサクッと赤岳鉱泉到着。

Yatsugatake Jan 7 2012
Yatsugatake Jan 7 2012
Yatsugatake Jan 7 2012

受付の時に登山道の状態を聞いたところ、雪も安定して問題ないとのこと。というわけで、阿弥陀岳は決定。
食事の時間までが結構ヒマなので、カメラを持ってちょっと散歩したり、コーヒー飲んだりして時間をつぶした。
去年ここに泊まった時は素泊まりで、食事は自炊したんだけど、今回は2食付にした。去年おいしそうだったから。
夕食は豚しゃぶと焼いたサンマ。おいしく頂きました。


翌朝起きたらまずコーヒー。薄めに作ってサーモボトルへ。
朝食を済ませたら、アイゼン装着、ピッケルを片手に本気モードで出発。とはいってもしばらくはそんな装備は要らない道なんだけどね。
まずは赤岳を目指して行者小屋手前で地蔵尾根へ入る。雪は踏まれていて歩きやすい。ザクザクと雪を踏みしめて稜線に出ると、とてもきれいな富士山シルエット。そしてきれいな赤岳が眼前に聳え立つ。
ここは風が強くて寒いんだけど、しばらく景色に見とれて、撮影とかしながら休憩。サーモボトルのコーヒーはもうかなりぬるくなっていた。

Fujiyama
Yokodake
Akadake

冷たい風に吹かれながら赤岳山頂に向かう。赤岳展望荘あたりが一番風が強く、頬がちょっと痛い感じ。
展望荘から山頂までの道は、所々氷もあったけど、おおむねザクザクと歩きやすい。夏に来たときは暑かった事もあって、ここがかなり厳しく感じたけど今回はちょっと楽に感じた。
冷たい風に吹かれながら赤岳山頂に到着。ザックを降ろして撮影して、フィルム交換。
相変わらずナイスな景色をしばらく味わって、今回のメイン、阿弥陀岳へ向かう。

まずは中岳に向かって文三郎道に降りてゆく。山頂直下はちょっと緊張感ある道なんだけど、雪はしっかり踏まれていて歩きやすい。
中岳への分岐を左へ進むと、急に人が少なくなる。やはり赤岳は人気なんだな。ここからは明らかに通った人が少なく雪もしっかり踏まれていない。どーんと大きく見えるけど登ってみるとそうでもない中岳の登りは特に問題なくこなす。
中岳の山頂を過ぎるたあたりからは明らかに雪が柔らかい。風が吹き抜けるところは雪が飛ばされてるんだけど、吹き溜まるところは積雪量も多く、トレースをちょっと外すと股までもぐる。
中岳のコル~阿弥陀岳の道も柔らかめな上に傾斜も厳しくて、気を付けないと危ないところもある。こういう所はビビらず丁寧に。残雪期の穂高の練習になってるかな?とか思いながら山頂へ向かう。なかなか疲れるんだけど、ずっと好天でどちらを向いても景色はひたすら素晴らしい。今日はここを登り切ったらもう厳しいところはない。

北陵をクライミングしているパーティーの大きな声(「ビレイ解除~っ!」とか)が右から聞こえる。楽しそうだなとか思いながら山頂へ。
山頂に居た人たちはほとんどヘルメットにハーネス装着だった。一般登山道より北陵の人のほうが多いんじゃないか?
またちょっと撮影して、今度は中岳方面に来た道を降りてゆく。降りる方が難しいからより慎重に丁寧にね。
中岳のコルから行者小屋方面への下りはじめのあたりが斜面のトラバースになっていて、雪の状態によっては通っちゃダメなルート。今回は雪の状態はいいって聞いてたけどここからしばらくはサクっと急ぎ足気味に下る。阿弥陀に行けたことの達成感を感じながら気持ちよく歩いて行者小屋へ。

行者小屋の前で、阿弥陀岳を見上げながら味噌煮込みうどんを作って食べた。
コーヒーを飲んで、荷物をまとめる。アイゼン、ピッケル、ゴーグルはもう要らない。
膝痛対策のストレッチをして、南沢コースを美濃戸まで下ってゆく。
途中ガッチリ凍った沢の上を横切るところがあるんだけど、これが見事。美しいのです。




そして、翌日。フィルムをrainrootsに現像に出した。
そしてまたしてもカメラのトラブル発覚。どうやらシャッターの不調で、最後の一本は全くマッシロ。
写ってるやつも光漏れっぽい現象が起きてたり。
なんというか3連続でカメラのトラブルってのはちょっとアレですな。
それでもイマドキのカメラは使わんけど。