Sunday, October 14, 2012

Oct 6~8 八ヶ岳 #2

#1の続き。

朝暗いうちから出たかったんだけど、雨により遅延。結局7時頃業者小屋出発。
この日は阿弥陀岳→赤岳→横岳→硫黄岳→オーレン小屋という予定だったけど、濡れてるしマッシロだし遅いしって事で、阿弥陀岳をやめて文三郎道で赤岳に向かう。わかっていてもやっぱりしんどいね。赤岳山頂はガスでマッシロ。こんな天気でも人は多め。

地蔵の頭を過ぎて横岳のアップダウンを歩いていると、ガスがちょっと切れていい感じの景色が現れた。


Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

断続的にガスは流れてくるけど、おおむね天気も良くなって、気持ちよく横岳を歩いて行った。


Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

横岳を抜けて硫黄岳へ。広々とした山頂は人がいっぱい。 ここで昼食とコーヒー。時間には余裕があるのでゆっくりと。 黒百合まで行ってしまおうかと思ったけど、最終日に歩くところを残しておきたいし、今回はのんびりプランなのでもうオーレン小屋に降りることにする。

赤岩の頭からオーレン小屋への道は、ちょうどテント場に繋がる。テント場に到着してすぐ目に入ったのは、名古屋のAヶ丘高校ワンゲル部のテント。実は6日の行者小屋にも居ましたね。 さすがトップを争う高校。暇な時間に英単語の勉強とかしてたり。なんか単語クイズみたいなのしてたけど、だいたい解った。僕に解るレベルじゃちょっとアレなのでもっとがんばりましょう。 ちなみに僕はこの少年たちが滑り止めで受けたであろう高校に行って、冬休みは八ヶ岳の近くの松原湖でアイスホッケー部の合宿10日間。初日の出は氷の上でスケーティングしながら見ました。そして宿題は100%放棄した(そしてその後高校自体を放棄した)。

 オッサンはひたすら暇を持て余してボケーっと過ごした。





Oct 7 2012 Yatsugatake

Oct 7 2012 Yatsugatake

暇だったし、ビールとワインを飲んで、ご飯を作って食べて。お風呂に入って(オーレン小屋はお風呂があります)横になったらすぐ寝てしまった。
しばらくたって、外からオリオンだのベガだのと話す声が聞こえてきて、テントから顔を出して見上げたら見事な星空。
しばらく堪能して、ちょっと寒いなぁって思いながら就寝。


No comments:

Post a Comment