Tuesday, October 16, 2012

BLACK DIAMOND ハイライト

テントはBLACK DIAMONDのハイライトを使っている。

穂高岳山荘のテント場

テント場でよく「どうですか?」って聞かれるんだけど、「うーん普通です」とか答えてる。というのは、同じ条件でほかのテントと比べたことが無いので、なんともね。

ちなみにテントは相当考えて決めました。
候補として挙がったのは、
こんなところでした。
使う場所とか条件とかは、
  • 登山で使う
  • 一人で使う
  • ほとんど標高2,000mより上での幕営だと思う
  • 稜線のテント場でも使う
  • 厳冬期でも使う
なので、
  • 冬の利用を考えると、普通のダブルウォールは風がシャットアウトできないので寒いかなということで、NEMO、MSR、ドマドームが外れる(ステラリッジはスノーフライがある)。
  • AKTOはお高いし自立しないのがちょっと気になる。
  • X-TREKマイティドームはちょっとお高いかな。
となって、Black Diamondの2種類かステラリッジかでちょっと悩んだんだけど、ルックスと重量でBlack Diamondを選択。冬はただでさえ装備が重いので、ステラリッジはスノーフライでの重量増がちょっと気になった。あとはFirstLightかHiLightかという選択。これは軽さでHiLightを選んだ。
この軽さってのは、オプションのベスティブール(前室)含めての重量で決めた。
シングルウォールを選ぶってのはちょっと割り切りが必要だった。実際割り切れなかったのでベスティブールを同時に買っている。前室はやっぱり要るのではないかと判断したのだ。
で、実際使ってみてどうか。

悪いところ:
  • やっぱり結露する。
  • ベスティブールを付けるのが面倒(たぶんFirstLightはそうでもない)。
  • 防水透湿素材なので汚れが性能を悪くする(GOREのウェアと同じね)。
  • ベスティブールを入れると軽くない。
いいところ:
  • 設営、撤収が楽。
  • 耐風性。
  • 普通の一人用よりちょっと広い。
  • ドアが広いので、開放感がある。
  • 年中使える。
  • ルックスが好き(これは主観)。
という感じ。

結露はポタポタ落ちてくるという事は無く、まあアリなレベルじゃないかと。条件によっては一晩寝ても結露しないこともある。気になったら拭けばよし。
ベスティブールは、正直面倒。これに関してはファーストライトの方がいいと思う。個人的にはもう要らないと思ってるし、実際使ってない。雨の日はあるとうれしいけど、それも煮炊きの時だけの話だし。濡れたものの管理をちゃんとして、シュラフカバーを使って、スタッフバッグは全部防水のモノ(グラナイトギアのやつを使っている)にすれば問題ない。シュラフは晴れてたら早めに広げて、雨なら寝る直前まで出さない。
厳冬期は水分がすべて凍る(-20℃とか)ので、ダブルウォールでもテントの中は霜びっしりじゃないかな。そうでもないのかな。いずれにしても下山するまで融けない。NEMOのObiみたいに風スースーのだと死ねる気がする。

ハイライトで良かったなと思うのは、槍ヶ岳山荘とか穂高岳山荘に隣接してるような、稜線のテント場での幕営。狭くてペグが刺さらなくて強風吹きさらしなので、自立式シングルウォールは最強だと思う。



槍ヶ岳山荘のテント場
槍ヶ岳山荘のテント場

そんな感じで気に入って使ってます。人にお勧めするかというと、どうなんでしょ。今なら軽くなったモンベルのステラリッジが無難な選択かなぁ。前室を積極的に使いたい人ならMSRもいいかも。NEMOのObiは強風が吹くとバタバタしそうだったな。

実際には、厳冬期でも普通のダブルウォールテントの人も居るし、ツェルトの人だっている。工夫次第、割り切り次第でどうにかなるという事でしょう。

No comments:

Post a Comment