Tuesday, October 4, 2011

穂高縦走 #3

穂高の旅3日目の朝、暗いうちに起床してテントの中でご飯をたべる。山菜おこわとか。
相変わらず風は吹いてるし、放射冷却で寒い。

ちなみにテント内の結露は無し。お見事Black Diamondハイライト。
でも実は涸沢ではしっかり結露した上に凍った。八ヶ岳のオーレン小屋でも結露した。
雨で外側が濡れると透湿性が落ちるってことのようです。撥水はばっちりなんだけどね。
涸沢でもベスティブールによってぬれなかったドアと、反対側のひさし直下のあたりは結露しなかった。
まあ、小川のダブルウォールテントでも結露はしたし。拭けばよしです。
もうベスティブールは使わないかも。槍ヶ岳もそうだったけど、穂高岳山荘のテント場でもそんな余分なスペースはない。前室を前室らしく張れてないテントだって多い。
濡れたものの管理を工夫すれば、シングルウォールは結構楽ちんだと思う。パッキングサイズも小さい。
BDのハイライトはフロア面積もそこそこあって、僕のように散らかす人向き。片側の側面がほとんどそのままドアなので、全開にした時の解放感もいい。色もお気に入りです。

ぼんやり明るくなってきたら、荷物を整理してテントをたたんでパッキング。
ナイスな朝焼けを撮影して、ぼちぼちと活動開始。

morning

morning

最終日のコースは、奥穂~吊尾根~前穂~岳沢~上高地。
地図で見ると近い。ということは傾斜は厳しめということ。膝がちょっと心配。
穂高岳山荘から登り始めてすぐのところで渋滞。はしごとか続くのでしょうがないね。
朝イチなのでそれなりに元気よく登って奥穂高岳登頂。結構混んでる。
ちょっと味わったら前穂に向けて歩き出す。紀美子平への下りは予想通り楽ではない道。
上高地が見えるんだけど、遠い。

紀美子平でザックをおろして、サブザックにカメラとかだけ入れて前穂高岳を登る。
軽いんだけどなんだかバランスが悪い感じで、最初は気持ち悪かった。
軽い背中にもすぐに慣れて結構しんどい感じで前穂高岳登頂。景色がいい。

Hotaka

Hotaka

sky

前穂山頂でちょっと休んで足取りも軽く紀美子平へ戻る。
ここから岳沢まで重太郎新道をどんどん下るんだけど、これがなかなか簡単な道ではない。
そんな道が、岳沢小屋まで結構長く続く。がんばって下って岳沢小屋へ。
小屋前のテーブルでご飯を食べてると、長野県警のヘリが飛んできて、人を一人おろして飛び立っていった
コーヒーを淹れて飲んだらあとは上高地まで歩くだけ。ここからは道も楽になる。
岳沢からの樹林帯は緑の苔がきれいだったり、ちょっと八ヶ岳っぽい感じだった。
下りきるとちょうど上高地なかでも一番いい感じの場所に出る。岳沢湿原。おさかなもチョロチョロ泳いでる。
今回も無事に下山。降りたところが上高地というのが気持ちいい。天気に恵まれていい山行だった。重い荷物にも慣れたかな。

Kamikochi

Kamikochi

Kamikochi




この3日間毎日長野県警の青いヘリを見た。
23日は、屏風岩あたりで何かを探してる様子だった。
24日は、穂高岳山荘前で遠くのほう(前穂北尾根あたり)で飛んでるのを見た。
25日は、岳沢小屋で人をおろした後、前穂あたりでホバリングしてたり。
この3連休は、ちょっと事故が多かったようだ。気を付けようと思う。
とりあえずヘルメットがあるといいかなってちょっと思った。休日にしか山に行けない。だからどうしても人は多い。自分が石を落さないように気を付ける。落石を受けないように自分の位置も気を付ける。その上で、万が一落石を受けたとしても死ぬ確率を下げるためにヘルメットは有効だと思う。
あと、ソールのグリップは超重要だね。グリップの悪い靴ってあまりないんだろうけど。大げさに言うと生死を分けるってくらい重要だと思う。
パッキングとザックを体にフィットさせるのも重要。特にテント泊だと重いからね。
そんなことを考えた3連休でした。

もうすぐ冬が来ますね。

No comments:

Post a Comment