Thursday, September 30, 2010

Watcher of the skies - 八ヶ岳 #2

前回の続き

一夜明けて9/24の早朝。気温は3度まで下がった。天気は霧雨。でもここ最近で一番風がないとのこと。
朝ご飯をモリモリ食べて、コーヒーを飲む。
レインウェアを着こんで、ボトルに美味しい湧水を補給して出発。
これまたしっとりと濡れた樹林帯を登る。程なく夏沢峠。そのまま根石岳方面に進む。
ずっとガスってて景色は見えなかったんだけど、時折根石岳がきれいに見えた。途中暑くなってフリースを脱いで歩く。傾斜が緩くなってほどなく箕冠山のピーク。根石岳に向かって少し下ると、根石山荘の発電機の音がだんだん聞こえてくる。このあたりからは、もう背の高い木はなく、地を這うようなハイマツとゴツゴツしたガレ場になってくる。根石山荘をスルーして根石岳山頂を目指して登る。上の方は傾斜もきつい岩場になってくるが、ガツガツ登って登頂。


登った瞬間はガスが濃くて遠くが見えなかったけど、だんだん晴れてきて見えた雲海に感動。下界は一切見えなくて、雲より高い山だけが見える。

山頂でしばらく休憩。今まで歩いてきた方を振り返ってみる。天気も良くなってきて、プリンをスプーンでえぐったようになっている山がはっきり見えてきた。硫黄岳の爆裂火口。ちょっと凄い。
雨も止んだのでレインウェアを脱いで、天狗岳に向かって歩く。根石岳と天狗岳はすぐ近くなんだけど、天狗岳の山頂付近がまた結構な傾斜でゴツゴツした岩。気をつけながらゆっくり登って東天狗登頂。

ちょっとだけ休憩して、西天狗へ。



天気はちょっと良くなってきて、ガスは晴れたり出てきたり。
雲海の上、消して広くない山頂での景色は形容する言葉が見つからない。これを体験できただけで登ってよかった。
ここでコーヒーを淹れてしばらく呆けて過ごした。



次のターゲットは硫黄岳。パワーバーを食べて、今まで歩いてきた道を夏沢峠までそのまま戻る。根石岳山頂でガスに覆われて、晴れるのを待ったりしながら進む。箕冠山~夏沢峠の間で初めて他の登山者と遭遇。樹林帯はまた霧雨なのでレインウェアを着る。中途半端な天気。
硫黄岳の登りはガスに覆われていて山頂が見えない。ケルンに導かれて結構厳しい傾斜を登る。ずっと石ゴツゴツ。これは下りも楽じゃなさそうだと思いながら少しペースを落として進む。時折ガスが切れて遠くの山が見えるが、しばらくするとまた白くなる。ずっとこの繰り返しで広々とした硫黄岳山頂に着く。



モリモリ歩いてきたので暑い。レインウェアを脱いでお昼ご飯。フリーズドライのパスタとスープを作る。まあ湯を沸かせばできるものなので作るという程のものじゃない。でもひと手間かけて暖かい物を食べるのがイイのだ。
横岳、赤岳がすぐ近くに見える。



コーヒーも飲んだりして、しばらくまったり過ごす。爆裂火口を間近に見て感動。


後は下山。ちょっと遠回りも考えたけど、余裕を持って下山したかったので、また夏沢峠経由で桜平の登山口を目指す。昨夜宿泊したオーレン小屋で少し休憩して、霧の樹林帯を桜平まで。

ソロ山行デビュー戦は、きれいに晴れることは無かったけど、危険な天気でもなく気持ち良く無事に終了。
雲海の上に突出している山だけが見えているという景色は最高だった。空の上に居るという感覚だった。


Genesis - Watcher Of The Skies -

Wednesday, September 29, 2010

人間の歴史は人間がつくる - 八ヶ岳 #1 -

八ヶ岳を歩いてきた。

山を歩きたいと思ったのは、ベタに富士山に登りたいと思ったのがきっかけ。
今年は5号目に2回行って、そこから見上げる富士山が気になった。
ホントに登るつもりで情報収集してゆくうちに、山そのものが気になってきた。ハマり体質なので。
どうも富士山は混雑するし、9月前半で小屋もほとんど閉まるということで止めた。グランフォンド八ヶ岳に衝動的にエントリーしてしまったので、それに合わせてターゲットは八ヶ岳にした。

9/23の秋分の日。天気は雨だけどとりあえず向かう。岐阜と長野の県境あたりとかかなり厳しい豪雨だったので、『今日は無理かな』とか思ったけど、諏訪湖SAではまあふつうの降り。とりあえず登山口の桜平まで向かう事にした。
桜平ではほぼ雨はやんでいたけど、空は厚い雲に覆われていた。レインウェアを着こんで宿泊予定のオーレン小屋に向かう。
しっとりと濡れた樹林帯を歩く。沢沿いの道を水の流れる音を聞きながら進む。雨は結構降っていたようで、道のところどころに水が流れていたり、石が浮きぎみだったりする。でも沢を流れる水はクリア。山に浸みこんで山から浸み出した水ということだろう。
途中ですれ違った人に、上は風が凄いと聞く。「今日は小屋で停滞かな」とか思いながら、じっとり汗をかいて進んでゆくとオーレン小屋に到着。
受付をしてる間に雨が強くなってきた。樹林帯より上は雨風がとても強いと聞いて停滞決定。ホントは硫黄岳に登りたかった。
その日の宿泊者は僕一人だけだった。翌日は平日だしね。
まだお昼前ですることもない。というわけで昼寝。前日は最終の新幹線で名古屋に帰ってきたし、仕事の疲れもあって3時過ぎまで爆睡。
それからコーヒーをごちそうになりながら小屋のおじさんとおしゃべりして、お風呂へ。
雨と風はかなり強くなっていて、「明日このまま下山かも」とか考えながらゆっくり浸かった。

早い夕飯は桜肉(馬肉)のすき焼きと野菜の天ぷら。美味しく頂いていたら雲が切れてきた。
とてもきれいな夕焼けを撮影した。
宿泊者は僕しかいないので、薪ストーブの前でのんびりと小屋の人とおしゃべりしたり、月を撮影したり。
明日は晴れると思ったけど、それがそうでもない事が多いと聞かされる。
写真とかサインとかが壁に飾られていて、その中で一番ぐっときたのが「人間の歴史は人間がつくる」と書かれた色紙。日本共産党の志位和夫氏が書いたものだった。

そんな時間を過ごして、早い時間に就寝した。







The Stalin - Go Go スターリン -

Sunday, September 19, 2010

秋が来た感じ

ちょっとそんな感じですね。

昨夜のニーバリとモスケーラの戦いは熱かった。
ニーバリ、モスケーラに離され出したときはダメかと思った。
みんなギリギリで走ってます。
ニコラ・ロッシュが今回好成績。。
Guinness好きとしてはちょっと応援してたり。
山も結構いける感じですね。

山岳ってことで、

ゲルニカ -夢の山嶽地帯-

そして、山本久土が歌う諦念ブシガンガ

久土'N'茶谷 -諦念ブシガンガ-