Monday, August 9, 2010

Balsa50

日本のバスフィッシングのパイオニア、則弘祐氏が亡くなったそうだ。
スポーツザウルスを破産させた時は、たくさんの人を裏切った形だった。
「バルサ50がこんな形で終わってしまうのか…」と、たくさんの人が悲しんだ。
それだけバルサ50というルアーは、あこがれの存在だった。

その後の復活は呆れてしまうようなものだったし、「絶対に買わない」と思ったりした。

しかし、よく思い出してみるとバルサ50のルアーはボチボチ持ってるけど、実際に釣ったのは「ビッグラッシュスケータージュニア」だけかも。
ホッツィーのジュニアでも釣ったような気がするけど…?

ほとんど釣りをしなくなった頃、昔の仲間と3人で真夏に久しぶりに行った。
全く釣れなくて、周りも釣れてなかった。
当然セコい小さいワームでネチネチやることになっちゃってたんだけど、一人がやけになってザラスプークを投げ出した。
もう一人がZEALのテラーを投げ出した。
「どうせ釣れないならそういうのがイイか」という事で、僕は何気なくレッドヘッドのビッグラッシュスケータージュニアを結んだ。
どうしてかはわからない、実績から行ったら間違いなくハトリーズのハイドスペシャル。
「どうせ釣れない」という気持ちから、あまり使った事のないのを選んだのかな?
そしてキャスト。その1投でガバって出た。最高でした。
いま思えば、ザラとテラーで魚の意識が上に行った所で、食べごろサイズのビッグラッシュジュニアがハマったのかも。




レッドヘッドのホッツィーは、パッケージのまま壁に飾ってある。

No comments:

Post a Comment