Wednesday, June 25, 2008

TV TOWER


TV TOWER
Originally uploaded by Oscar*

イイ色に写ってくれました。
同じのを何度か撮ってるとそのうちアタリが出ますね。

Thursday, June 19, 2008

Jan


Jan
Originally uploaded by Oscar*

ヤン君。
こんな頃もありましたね。
ちっちゃくて可愛かったな。
今もきれいな目ですごく可愛いけどね。ウチの犬の次に。

所でバッソの復帰戦がジャパンカップって話があるようですね。
ホントかな?
いずれにしてもジャパンカップは一度見に行きたいですなぁ。

Tuesday, June 17, 2008

近所の白いヤツ


evening
Originally uploaded by Oscar*

ちょっと前に撮ったモノ。
夕方に撮りました。
こいつはいつもゆっくり歩いてます。

Monday, June 16, 2008

名演奏

昨日は稲武まで走りました。
某料理人の走りは、こんな感じ↓↓↓↓↓でした。

Yngwie Malmsteen "I am a Viking"on Tsugaru Shamisen by Kevin Kmetz

既に定番となりつつある料理人の三味線ですが、オーディエンスを飽きさせないように色々と新しい奏法(走法)を考えておられるようです。
昨日もまた名演奏を聴かせてもらいました。
ビックリです。

Thursday, June 12, 2008

心臓

今日病院に行きました。
人間ドックの結果、心電図で二次検診を受けることに。

毛が生えてました。

嘘です。予想通り問題なし。
ドクターに「胸が締め付けられるように痛くなったりしませんか?」と聞かれて、「あの娘のことを思うとそうなります」って答えようかと思いましたが止めておきました。
心拍計を付けて自転車に乗っていること、190bpmを超えても痛くはないことを伝えると、「大丈夫でしょう」って。
念のためエコー検査して、心臓の形も動きも正常であることを確認。一安心です。
だいたいいつも心臓より先に足が終わってますがな。
でも臓器は動いて当たり前って思っちゃだめなトシですかね。
人間ドック、フリーランスになってからは受けてなかったんですがやっぱり年に一度受けないとね。
料理人さんとか新婚の人とかもちゃんと受けましょうね。

犯罪予告検知のソフトウェア開発

犯罪予告検知のソフトウェア開発にかかる費用は数億円だそうです。
業界関係者によると、ソフト開発には少なくとも数億円の費用が掛かるという。 
とのことですが、その『業界関係者』が何を根拠に数億円と言ったのでしょうか?システムの見積もりってそんなに簡単だったかな?
でもお役所はそんなのやりそうですわ。
僕もお役所関係のお仕事をしたことがありますが、まあお金がかかるやり方しますね。
僕に言わせると、エンドユーザがお役所というだけで大きなリスクファクターです。
要件を抽出するだけで通常の数倍の時間かけちゃったり、全然見ない意味のないドキュメントを山ほど要求したり。
後戻りも多いんですよね。ミーティングほとんど出席しなくてドキュメントも全然読んでない偉い人が突然現れたと思ったら、決まったことを簡単に覆したりする。
さらにお役所の大きな案件を受注するのは、メーカー系などが多いんですが、そういう所って開発プロセスも古い手法で、仕様変更に弱いんですよね。
最初に決まった金額より増額することはないので、最初からそういう後戻りリスク等も含めた見積もりにならざるを得ない。
そして正直な話、元請けはぼったくってるかな~…
まあこのあたりはこんな程度でしか言えませんわ。
発注側(お役所)がもうちょっと勉強すれば、かなりコストを抑えられるんですけどね。
実際、某市役所に勤める元後輩(営業マンだったが、公務員試験を受けて公務員になった)から、
  • システム開発の要求(要件)抽出
  • システム開発に関わる見積もり(入札額)の妥当性チェック
といった仕事をやってくれないかと依頼がありました。
しかも、お金がないからコンサル契約ではなくて嘱託職員として安いギャラでって…
断りました…
「誰か居ませんか?」って言うもんだから「お前が営業だったらその仕事受ける?」って言ったら「そうなんですよね」って。
変なところで根拠なく金額を固定するからやりたいことも出来ない。
成果物がわかりにくいところに予算を投入しにくいんだそうです…

それで、0円で2時間で作ってみたという犯罪予告共有サイト『予告.in』
これはこれで面白いですね。
ただ、打ち合わせもなにもせずに簡単にできることだけで勝手に作ったものなので、コレが数億円のなにがしと置き換わるって思われちゃったらちょっとビックリですが。
総務省が作ろうとしてるのは、
言語技術を応用し、違法・有害情報の検出精度を向上させるもの。通常とは異なる急激な書き込みの増加や、自殺や殺人予告などの言葉を使った議論の流れなどを分析し、犯罪につながるような情報を認知できるようにする。
というものです。『予告.in』とはだいぶ違う。
でもそこそこ役に立つんじゃないでしょうか。
でも、「皆さんに消えていただきたいと思います」って掲示板に書き込んでも恐らく自動では引っかからないでしょうね。
そういう自然言語解析なども含めて開発するとなるとちょっとしたものになるでしょう。
単語、文章から『意味』を抽出するって難しそうです。でもベイジアンフィルターとか既存のテクノロジであるか。
日本語の文脈解析ってどの程度出来るのかな。
どっかでそういう研究してますか?

以前、企業の中傷などを掲示板などから抽出して報告するってサービスがあったと思いますが、今もやってるのかな。
そういうサービスを使うのもいいかと思うんですけど。
書き込みの内容が、当て字などから発展してほとんど暗号みたいになっちゃうと、クロールでは検出できないような気がします。
そこは半自動でやるのがいいのかなって思いますね。
そういう意味は、ネチズンの善意に頼った『予告.in』は、うまくいくと最強かもしれませんね。
悪意も沢山あるでしょうけど…

Wednesday, June 11, 2008

Redemption Song

Old pirates yes they rob I
Sold I to the merchant ships
Minutes after they took I
From the bottomless pit
But my hand was made strong
By the hand of the almighty
We forward in this generation
Triumphantly

Won't you help to sing, these songs of freedom
Cause all I ever had, redemption songs
Redemption songs

Emancipate yourselves from mental slavery
None but ourselves can free our minds
Have no fear for atomic energy
Cause none of them can stop the time
How long shall they kill our prophets
While we stand aside and look
Some say it's just a part of it
We've got to fullfill the book

Won't you help to sing, these songs of freedom
Cause all I ever had, redemption songs
Redemption songs, redemption songs

Emancipate yourselves from mental slavery
None but ourselves can free our minds
Have no fear for atomic energy
Cause none of them can stop the time
How long shall they kill our prophets
While we stand aside and look
Yes some say it's just a part of it
We've got to fullfill the book

Won't you help to sing, these songs of freedom
Cause all I ever had, redemption songs
All I ever had, redemption songs
These songs of freedom, songs of freedom



Joe Strummerが歌うRedemption Song。原曲はBob Marley。
(ジャマイカ特有の変な英語で、通常"me"であるべきところが"I"となってたりします。)

Emancipate yourselves from mental slavery
None but ourselves can free our minds


僕がこんな所でこんな事書いてても、何がどうなるわけでもない。
でもそういう気持ちになります。

Tuesday, June 10, 2008

お前はお前のロックンロールをやれ!

お前はお前のロックンロールをやれ!
これはじゃがたらの、故江戸アケミさんの言葉。


父なき世代 入れ替わる
新しい意味を 作り出せ
これは、泉谷しげるの『世代』という歌。


夢は夢ではなく つかみ得る最後の言葉
伝説を作ることも 掟を破ることも
これはAUTO-MODの『伝説』という曲。


私達は信じる 総ての幻想
いつかこの手に 掴み得る最後の王国
私達は信じる 自らの力を
奇跡を生むことも 生まれ変わることも
これもAUTO-MODの『リアライズ』という曲。

すべて10代の時に出会った曲、言葉です。

僕はずっと音楽からパワーをもらっていた。
音楽を通して、色々学んだことも多い。
前向きな歌ばかりではなく、憤りや絶望を歌ったもの、戦って負けることを歌ったものからだってパワーをもらっていた。
音楽を通して、または音楽がきっかけでたくさんのことを考えて、たくさんのことを学んだ。

「お前はお前のロックンロールをやれ!」という言葉に、「お前がそこにいることに価値(意味)がある」と教えられた気がする。

幸せだと思う。

既存の価値観(わかりやすい価値観)の中で出口を見失っていった人物が、最悪な事件を起こした。
自分の力で、自分の中の価値観をぶち壊すには十分な若さもあったと思う。
とてもやりきれない出来事で、言葉もないです。

「お前はお前のロックンロールをやれ!」
同じように悶々としているすべての人に、アケミ氏に代わってこの言葉を贈りたい。
っていうかじゃがたら聴いとけ

亡くなってしまった方のご冥福と、怪我をされた方の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

Friday, June 6, 2008

頑張れ猫目君

ハートレートモニターが壊れました。Polar CS200です。
どのボタン押しても反応せず。電池変えてもダメです。
実は以前もこの現象になったことがありますが、その時は保証期間内だったので交換してもらいました。
今回はもうCSには見切りを付けて、CATEYEの新製品CC-TR300TWにしてみました。評判いいみたいだし。
ディスプレイの見やすさはPolarの方がいいかな。
それ以外はいい感じですね。
センサーの電池も替えられるし。PolarのCSシリーズはセンサーの電池が替えられないのが痛いんですよね。
センサーの反応が早いのがいい。見た目もシンプルでいいですね。
壊れませんように。

Wednesday, June 4, 2008

Mt.富士ヒルクライム #2

去年に引き続き、熱い戦いの臨場感あふれる写真を。
画像をクリックすると大きく見られます。

FUJI SENGEN Shinto shrine
富士浅間神社
苔のむした古い石灯籠が並んだ参道。木漏れ日がきれいなのです。

FUJI SENGEN Shinto shrine
富士浅間神社
鳥居には大きな蜂の巣がありました。

FUJI SENGEN Shinto shrine
富士浅間神社
富士浅間神社はホントにきれいな森の中で、マイナスイオン出まくってる感じです。

Mt. Fuji
富士山
4回参加したけど、一番いい天気だったかな。5合目の景色も良かった。

my COLNAGO
COLNAGOくん
宿泊したキャンプ場で。森の中は涼しくて空気がイイ。

glico
浜名湖SAのグリコ


走りの話をちょっと書いておこうかな。正直書きたくないけど。
スタートしてから、どうも足に力が入ってない感じで、最後まで調子が上がることはなかったです。
しらびその時みたいに風邪とかじゃないので、単に練習不足。
ずっとポロポロ抜かれてた気がする。
3合目までは去年より悪いペースだと思ってたけど、3合目でタイムを見たら何とか更新は出来そうな感じだったのでとにかく集中して走った。
でも、オーバーペースで失速することにビビってた気がします。
ゴールした時、すべて出し切って頭マッシロではなかった。やれやれ終わったって感じ。
タイムは去年より3分短縮です。
去年がかなりいいタイムで、それを維持するのも大変だって事だったらまあ良かったんだろうけど、残念ながらそうではない。
目標には遠く及ばなかった。
自転車はやった分だけ速くなって、やらなければ遅くなる。そういうことですね。

Tuesday, June 3, 2008

Bo Diddley, R.I.P.

Bo Diddleyが亡くなりました。

アフロビート入った独特なスタイルを生み出した人。
もうBo DiddleyのナニというよりRock'n'Rollのスタンダートなスタイルの一つとなった。
弁当箱みたいなグレッチがまた格好良かったですね。
僕もいつのまにやら40歳。
今からは格好いい爺さんを目指そう。



Bo Diddley


Road Runner, Mona ,1972

Monday, June 2, 2008

Mt.富士ヒルクライム

今年も行ってきました。
体調不良もあって体作りは全く間に合いませんでしたが、それなりに走りました。
手元計測では、何とか前年度タイムより3分ほどの更新。ちょっとほっとしました。
土曜は雨でしたが、日曜はめちゃいい天気で最高でした。
脳内BGMはYMOのTONG POOとCOSMIC SURFIN'。

今年はタニーチェさんwakaさんとの3名で行きました。
宿はいつものキャンプ場のコテージ。
スタート地点の近所なので、とっても楽なのです。
上品な大人のトークで楽しい時間を過ごしました。
wakaさんから為になる話を沢山聞かせていただきました。
一番興味深かったのは、身体が危機的な状況になったときの薬物投与についてのお話でした。
一つ大人になった気がします。
ありがとうございます。



TONG POO


COSMIC SURFIN'