Friday, December 19, 2008

Stop Smokin' 体験談

「どうやってやめた?」「苦しくなかった?」「ストレスは?」って最近複数の人から聞かれたので書いてみようと思います。
ヘビースモーカーから非喫煙者になった人間にしか解らないこともあると思うし。

僕は34歳の時にタバコをやめました。もう6年にもなるんですね。たばこは10代の時から吸い続けていて、やめたときは1日40本吸ってました。インラインスケートをやっていましたが、ハーフパイプのプラットホームでタバコを吸う男でした。
いきなり絶ちました。減らすとかそういうの無し。ある時からスッパリと。
はっきり言って苦しいです。3日間は悶絶しました。なんかもう肺が熱いというか息苦しいというかそんな感じを味わいました。
仕事関係で悩んでいて、ストレスが最高潮の時にやめました。流れを変えたいという思いで。
そんな時にやめたらストレスが増大するんじゃないかって話ですが、はっきりきっぱり関係ないです。本気で仕事とかでストレス感じてたら、そのストレスはタバコごときで解消しません。

しかしタバコを吸うと微妙にストレス解消した感じがします。それはホントです。実際に解消されているのです。というのは、ニコチンがストレスを作ってるからです。コカインやヘロイン並と言われるニコチンの依存性。その血中ニコチン濃度は30分もするとかなり下がります。離脱症状が現れます。この離脱症状ってのはけっこうなストレスです。そこでタバコを吸います。離脱症状から解放されます。ドーパミンが出ます。という具合に、喫煙の習慣というのは、ストレスを生み出して解放すると言うことの繰り返しです。ストレスが解放される感覚を一日何度も味わうわけで、これに仕事などのストレスも混ざればタバコを吸うことでそういったストレスからも解放される気分になるわけです。ストレス→タバコという感覚になるので、ストレスが増えるとタバコを吸う本数も増えたりします。ドーパミンが出るのでお酒とかと同じような効果はあるわけです。

どうやって離脱症状と戦ったか。それはもう気合いです。タバコの呪縛から解放されたいと強く思うことです。この離脱症状の苦しみはタバコが悪い、タバコの存在はブッシュより最悪だ、という具合にタバコを憎むのです。口が寂しいので、飴をなめたりガムをかんだりして、苦しい期間はタバコ代以上に飴とかガムにお金を使いました。ケムリのあるところを避けて生活しました。コーヒー飲むのもドトールじゃなくてスタバにして、出張の新幹線も当然禁煙車。そんな具合に乗り切りました。3日ほどは地獄でした。それは最初から解ってましたが、それでも苦しかったです。3日を過ぎてもまだ欲しいのですが、一番苦しいところを乗り切ったのだからここで諦めたらかなり勿体ないという気持ちで1週間を耐えました。「1週間耐えたら身体的にはかなり中毒から解放されているはずで、後は気分の問題だ」と言う助言を得て、その後は日を追うごとに楽になって行く感じです。

タバコの禁断症状から解放されてしばらくは、最強の人間です。元々吸ってたのでケムリとかニオイとかに耐性があり。どこでも普通にいられます。
ところが、しばらくするともうケムリもニオイも嫌になります。ビジネスホテルの喫煙ルームとかもう無理です。今までどれくらい空気を汚染してきたのかを思い知らされます。タバコ一本の影響範囲の広さにも驚きます。
これね、吸ってる人には絶対に解らない。自分が発生源だからね。やめたらビックリすると思います。


ついでに癌の話もしてみます。
喫煙の習慣と肺癌の相関については、諸説あれども何度調査しても「相関」は認められます。(因果じゃなくて相関ね)
まあこんな話は誰でも知ってます。
喫煙を長く続けると、肺気腫が出来ます。肺気腫は治りません。でもちょっと息が切れやすくなったりする程度だったりするので、加齢もあるしそのことを自覚することなく歳をとります。
さて、肺癌にかかりました。自覚症状が出たときは恐らくもうステージ3です。ステージ3だともう手術は難しいです。喫煙者がかかりやすい小細胞肺癌でステージ3の場合、5年生存率は10%未満です。進行が速く、遠隔転移もしやすいです。
放射線治療と化学治療(抗癌剤)の併用と言うことになると思います。根治はほぼありません。
治療の合併症として、肺炎にかかりやすいので注意が必要です。肺気腫があると肺炎がとても治りにくいです。喫煙によって肺気腫が出来て、その肺気腫が肺癌治療を妨げるわけです。
何でこんなに詳しいかというと、僕は近親者に小細胞肺癌の患者が居るからです。


今は薬局でニコチンパッチとかも売ってるし、少しは楽にやめられるのかもしれません。
僕はタバコをやめて失った物はありません。ストレスは減りも増えもしません。食べ物の味は、よりわかるようになりました。美味しくないから缶コーヒーを飲まなくなりました。1日40本のスモーカーだったら、自転車という趣味を選ぶこともなかったかなとも思います。
ほっと一息はコーヒーとかハーブティーとかをちょっと一手間かけて炒れるのがいいかな。

No comments:

Post a Comment